クラミジアの性病検査キット

クラミジアや淋病の性病検査キットは自宅で安い料金でチェックができておすすめ

クラミジアや淋病は日本人の感染者が特に多い性病です。病院で検査を受けたくない人や忙しくて受けられない人でも性病検査キットは自宅で安い料金でチェックができておすすめです。

クラミジアや淋病の性病検査方法まとめ

検査をする女性
このページではクラミジアや淋病、HIVやカンジダの感染を調べられる病院や保健所、性病検査キットなどの方法についてまとめています。

性病のことは陰部周辺の悩みが多いので家族や友人など、身近な人には恥ずかしさを感じて相談できずにいる人も多いです。

仕事が忙しくて時間がない、お金がなくて料金を抑えたい、一緒に住んでる家族や恋人にバレたくないなど、性病検査をする時の悩みを解決できます

●性病は陰部だけでなく、喉からも感染する

クラミジアや淋病はキスによる唾液や粘膜の接触でも感染
性病というとどうしても陰部周辺のイメージが強いですが、実際のところクラミジアや淋病を始め、性病が喉から感染する場合も少なくないです。

喉にだけ感染している場合もあり、無症状で体調の変化を感じない人もいるため、気付かない内ににカップルや夫婦間で感染しているケースも多いです。

喉に感染した場合は咽頭クラミジアや咽頭淋菌と呼ばれ、キスによる唾液や粘膜の接触、オーラルセックスと呼ばれる口による性行為で感染します。

●クラミジアが最も多く、淋病が次に多い

クラミジアは日本で最も感染者が多く、淋病は2番目に多い
性感染症でクラミジアや淋病の名前を聞くことが多いのは日本で感染者が多い性病だからです。性行為をした後に違和感を感じたらまず確認するべき病気です。

厚生労働省のサイトにある性感染症報告数には約20年間でクラミジアや淋病にどれくらいの人が感染しているか掲載されています。

クラミジアの感染者が最も多く579,079人、淋病が次に感染者が多く、241,827人です。他の性病と比較してもかなり感染者が多い病気です。厚生労働省参考URL:性感染症報告数

●無症状の人とのキスや性行為でも感染する

クラミジアや淋病に感染しても症状を感じない、気付かない人も多い
クラミジアや淋病の感染が拡大する原因の1つに感染していても症状を感じない人がいます。体調の変化を感じないので検査して初めて気付く人も多いです。

無症状の人と性行為やキスをしても感染するので恋人や夫婦間でしかしてないと思っていても無症状の人から移っている可能性は誰にでもあります。

移ってしまう病気なので排尿時の違和感や不快感、かゆみやおりものの量が増えるなど、ちょっとした違和感を感じた時は要検査です。

●クラミジアは女性、淋病は男性の方が多い

クラミジアは女性の感染者が多く、淋病は男性の感染者が多い
厚生労働省の性感染症報告数から約20年間の累計データを見てみるとクラミジアは感染者579,079人の内、320,221人と約55%以上が女性の感染者です。

同様に淋病に関して約20年間の累計データを見てみるとは感染者241,827人の内、196,006人と約81%以上が男性の感染者と男女比率に大きな差が出ています。

このデータは厚生労働省に報告されている定点医療機関数のものだけなことや喉に感染しているものは計測されていないので感染者はさらに多いです。

●恋人や夫婦の信頼関係に関わるので注意

性病に感染していることがバレると恋人や夫婦関係に亀裂が入ることも!
『ピンポン感染』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?恋人や夫婦間でクラミジアや淋病などの性病が卓球のラリーのように感染してしまうことを言います。

定期的に性行為やキスをするパートナーがいる場合は男性も女性も陰部と喉の両方を治療されている状態にしないと感染を繰り返してしまいます。

陰部周辺のデリケートな話になるので病気を移したり、移されてしまった場合はどうしても恋人・夫婦関係に亀裂が入りやすいので注意してください。

●クラミジアや淋病は不妊症の原因になる

クラミジアや淋病は赤ちゃんができない不妊の原因になる
HIV・エイズと違い、クラミジアや淋病は感染したとしても病院で治療をすることが可能ですが、放っておくと不妊症の原因になるので注意が必要です。

特に女性の場合はクラミジアや淋病に感染したとしても無症状の人が多く、感染に長期間気付かずに卵管不妊症や子宮外妊娠になるリスクがあります。

性病は1つに感染すると他の病気にも感染しやすくなるので陰部や喉に違和感や不快感を感じた時はまとめて検査しておいたほうが安心です。国立感染症研究所参考URL:性感染症報告数

●妊娠時の検査で感染が発覚する妊婦が多い

妊娠時の検査で感染が発覚する女性が多く、夫だけでなく義両親にもバレてしまう
クラミジアや淋病に感染していることに気付かずに生活していると結婚してから妊娠の定期検診で夫や義両親にバレてしまうこともあります。

国立感染症研究所でも妊婦検診において約20人~30人に1人はクラミジアに感染していることが報告されています。

クラミジアや淋病に感染しているとそれだけで浮気や不倫を疑われたり、昔の異性関係のことを必要以上に聞かれたりと良いことがありません。

●保険を使うと家族にバレる可能性がある

保険を使用すると『医療費のお知らせ』で家族にバレる可能性がある
健康保険を使用して性病検査を受けた場合、『医療費のお知らせ』が自宅に送られてくるので医療機関名などが分かってしまいます。

泌尿器科や産婦人科など、普段利用しない履歴が残っていると家族になぜ利用したのか理由を聞かれるので注意してください。

特に扶養に入っている人は家族や夫婦間で医療費のお知らせがまとめて来てしまうので性病検査を受けたことがバレやすいです。

●自由診療の性病検査は料金が10割負担

保険が適用されない自由診療の病院は料金が患者の10割負担になります
クラミジアや淋病の検査を行っている病院をGoogleやYAHOOで検索した場合に出てくる多くは検査料金が高くなってしまう自由診療の病院です。

医師に直接相談したり、診てもらえるメリットはありますが、自由診療の場合、料金を患者が全額支払うことになるので費用面の負担が大きいです。

お金に余裕があり、自由診療の病院で受けても構わない人は別ですが、できるだけ安く済ませたいと考えている人は自由診療の病院かはチェックが必須です。

●3,000円で済む検査が3倍の9,000円近く

自由診療の病院だと3,000円前後で済む性病検査が3倍の9,000円近く掛かることも!
実際にGoogleやYAHOOでクラミジアや淋病の性病検査がいくらぐらいなのか調べてみると自由診療の病院は6,000円~9,000円前後の料金設定になっています。

クラミジアで1つの部位を調べるだけでこの金額が掛かるので陰部と喉を両方検査するだけで10,000円~20,000円前後掛かってしまいます。

クラミジアや淋病、HIVやカンジダなど、複数の病気を検査するとなると数万円以上は掛かってしまうので注意してください。

●検査する日と結果を教えてもらう日が別

病院の検査の場合、検査結果が出るまで複数回行く必要がある
保険を適用している病院で性病検査をする場合、当日に陰性・陽性が分かることは少なく、検査結果が分かるまで3日~1週間程度は待つことになります。

即日検査を実施している病院の多くは自由診療のため、保険が適用されないので料金が6,000円~9,000円ほど、掛かってしまいます。

保険診療や自由診療に限らず、ほとんどの病院が月曜~金曜にしかやっていないので何度も病院に行くのが労力に感じてしまう人もいます。

●病院の性病検査は2~3時間待つことも多い

病院の検査の場合、待ち時間が長く、数時間以上待つことも多い
病院で性病検査をする場合にストレスを感じてしまうのが待ち時間です。2~3時間待つことになる場合もあり、悩んでいる人が多いです。

検査自体はシンプルなものなので10分ぐらいで済みますが、当日に検査結果が分からない場合は結果を聞くためだけに再度、数時間以上待つ必要があります。

女性の場合は産婦人科で性病検査をすることになるので他の患者さんが妊婦さんが多く、一人一人の診察時間が長くなる傾向があります。

●病院で知り合いに会ってしまうのが不安

病院で検査をすると知り合いに会うリスクがある
病院でクラミジアや淋病の性病検査を受けたくない、躊躇してしまう理由の1つに知り合いに会ってしまう可能性があります。

性病検査の場合は男性なら泌尿器科、女性の場合は産婦人科で受けることになるので知り合いに見られると気まずく感じる人も多いです。

肌のかゆみや湿疹であれば皮膚科でも検査を受けることができますが、尿検査や膣分泌物など、陰部周辺となると皮膚科では検査できない場合もあります。

●性病検査で異性の医師に診察される抵抗感

病院の検査の場合、異性の医師や看護師に陰部を見られたり、触られたりするのに抵抗感
性病検査をする時に悩んでしまう理由の1つが異性の医師や看護師に陰部を見られるのに恥ずかしさを感じることです。

診察の際には性行為に関していつ頃行ったか、人には言いづらいデリケートな質問をされるので恥ずかしいと感じてしまう人は多いです。

検査のため仕方のないことですが、口によるオーラルセックスの有無や知らない人の前で足を広げる必要があるので抵抗感を感じる人は少なくありません。

●保健所の性病検査は曜日や日にちが限定的

保健所で受けられる性病検査は曜日や日にちが限定的
保健所では無料で性病検査を受けることができますが、普段は学校に行っている学生や仕事をしている社会人からすると利用が難しいです。

利用することが難しい理由ですが、受けられる日にちや曜日がかなり限定的なので忙しい人には利用するハードルが高いです。

性病検査を実施している保健所を検索できるHIV検査・相談マップで調べてみると土日しかやっていなかったり、月に1回だけの保健所も多いです。HIV検査・相談マップ参考URL:性感染症の検査・相談窓口情報サイト






公式サイトを見てみる↓


公式サイトを見てみる↓


公式サイトを見てみる↓

カテゴリー
 
テキスト