クラミジアの性病検査キット

クラミジアや淋病の性病検査キットは自宅で安い料金でチェックができておすすめ

クラミジアや淋病は日本人の感染者が特に多い性病です。病院で検査を受けたくない人や忙しくて受けられない人でも性病検査キットは自宅で安い料金でチェックができておすすめです。

クラミジアや淋病の性病検査方法まとめ

検査をする女性
このページではクラミジアや淋病、HIVやカンジダの感染を調べられる病院や保健所、性病検査キットなどの方法についてまとめています。

性病のことは陰部周辺の悩みが多いので家族や友人など、身近な人には恥ずかしさを感じて相談できずにいる人も多いです。

仕事が忙しくて時間がない、お金がなくて料金を抑えたい、一緒に住んでる家族や恋人にバレたくないなど、性病検査をする時の悩みを解決できます

すぐに性病検査方法を確認したい人

●性病は陰部だけでなく、喉からも感染する

キスによる唾液や粘膜の接触でも感染
性病というとどうしても陰部周辺のイメージが強いですが、実際のところクラミジアや淋病を始め、性病が喉から感染する場合も少なくないです。

喉にだけ感染している場合もあり、無症状で体調の変化を感じない人もいるため、気付かない内ににカップルや夫婦間で感染しているケースも多いです。

喉に感染した場合は咽頭クラミジアや咽頭淋菌と呼ばれ、キスによる唾液や粘膜の接触、オーラルセックスと呼ばれる口による性行為で感染します。

喉の性病検査を考えている人

●クラミジアが最も多く、淋病が次に多い

クラミジアは日本で最も感染者が多い
性感染症でクラミジアや淋病の名前を聞くことが多いのは日本で感染者が多い性病だからです。性行為をした後に違和感を感じたらまず確認するべき病気です。

厚生労働省のサイトにある性感染症報告数には約20年間でクラミジアや淋病にどれくらいの人が感染しているか掲載されています。

クラミジアの感染者が最も多く579,079人、淋病が次に感染者が多く、241,827人です。他の性病と比較してもかなり感染者が多い病気です。厚生労働省参考URL:性感染症報告数

●無症状の人とのキスや性行為でも感染する

感染しても症状を感じない人も多い
クラミジアや淋病の感染が拡大する原因の1つに感染していても症状を感じない人がいます。体調の変化を感じないので検査して初めて気付く人も多いです。

無症状の人と性行為やキスをしても感染するので恋人や夫婦間でしかしてないと思っていても無症状の人から移っている可能性は誰にでもあります。

移ってしまう病気なので排尿時の違和感や不快感、かゆみやおりものの量が増えるなど、ちょっとした違和感を感じた時は要検査です。

陰部や喉に違和感や不快感がある人

●クラミジアは女性、淋病は男性の方が多い

クラミジアは女性の感染者が多い
厚生労働省の性感染症報告数から約20年間の累計データを見てみるとクラミジアは感染者579,079人の内、320,221人と約55%以上が女性の感染者です。

同様に淋病に関して約20年間の累計データを見てみるとは感染者241,827人の内、196,006人と約81%以上が男性の感染者と男女比率に大きな差が出ています。

このデータは厚生労働省に報告されている定点医療機関数のものだけなことや喉に感染しているものは計測されていないので感染者はさらに多いです。

●恋人や夫婦の信頼関係に関わるので注意

恋人や夫婦関係に亀裂が入ることも
『ピンポン感染』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?恋人や夫婦間でクラミジアや淋病などの性病が卓球のラリーのように感染してしまうことを言います。

定期的に性行為やキスをするパートナーがいる場合は男性も女性も陰部と喉の両方を治療されている状態にしないと感染を繰り返してしまいます。

陰部周辺のデリケートな話になるので病気を移したり、移されてしまった場合はどうしても恋人・夫婦関係に亀裂が入りやすいので注意してください。

パートナーと一緒に性病検査をしたい人

●クラミジアや淋病は不妊症の原因になる

赤ちゃんができない不妊の原因になる
HIV・エイズと違い、クラミジアや淋病は感染したとしても病院で治療をすることが可能ですが、放っておくと不妊症の原因になるので注意が必要です。

特に女性の場合はクラミジアや淋病に感染したとしても無症状の人が多く、感染に長期間気付かずに卵管不妊症や子宮外妊娠になるリスクがあります。

性病は1つに感染すると他の病気にも感染しやすくなるので陰部や喉に違和感や不快感を感じた時はまとめて検査しておいたほうが安心です。国立感染症研究所参考URL:性感染症報告数

●妊娠時の検査で感染が発覚する妊婦が多い

妊娠時の検査で感染が発覚する女性が多い
クラミジアや淋病に感染していることに気付かずに生活していると結婚してから妊娠の定期検診で夫や義両親にバレてしまうこともあります。

国立感染症研究所でも妊婦検診において約20人~30人に1人はクラミジアに感染していることが報告されています。

クラミジアや淋病に感染しているとそれだけで浮気や不倫を疑われたり、昔の異性関係のことを必要以上に聞かれたりと良いことがありません。

妊娠する前に性感染症を調べたい人

●保険を使うと家族にバレる可能性がある

『医療費のお知らせ』で家族にバレる可能性
健康保険を使用して性病検査を受けた場合、『医療費のお知らせ』が自宅に送られてくるので医療機関名などが分かってしまいます。

泌尿器科や産婦人科など、普段利用しない履歴が残っていると家族になぜ利用したのか理由を聞かれるので注意してください。

特に扶養に入っている人は家族や夫婦間で医療費のお知らせがまとめて来てしまうので性病検査を受けたことがバレやすいです。

●自由診療の性病検査は料金が10割負担

保険が適用されない病院は患者の10割負担
クラミジアや淋病の検査を行っている病院をGoogleやYAHOOで検索した場合に出てくる多くは検査料金が高くなってしまう自由診療の病院です。

医師に直接相談したり、診てもらえるメリットはありますが、自由診療の場合、料金を患者が全額支払うことになるので費用面の負担が大きいです。

お金に余裕があり、自由診療の病院で受けても構わない人は別ですが、できるだけ安く済ませたいと考えている人は自由診療の病院かはチェックが必須です。

性病検査の料金を安く抑えたい人

●3,000円で済む検査が3倍の9,000円近く

自由診療の病院だと9,000円近く掛かることも
実際にGoogleやYAHOOでクラミジアや淋病の性病検査がいくらぐらいなのか調べてみると自由診療の病院は6,000円~9,000円前後の料金設定になっています。

クラミジアで1つの部位を調べるだけでこの金額が掛かるので陰部と喉を両方検査するだけで10,000円~20,000円前後掛かってしまいます。

クラミジアや淋病、HIVやカンジダなど、複数の病気を検査するとなると数万円以上は掛かってしまうので注意してください。

●検査する日と結果を教えてもらう日が別

検査結果が出るまで複数回行く必要がある
保険を適用している病院で性病検査をする場合、当日に陰性・陽性が分かることは少なく、検査結果が分かるまで3日~1週間程度は待つことになります。

即日検査を実施している病院の多くは自由診療のため、保険が適用されないので料金が6,000円~9,000円ほど、掛かってしまいます。

保険診療や自由診療に限らず、ほとんどの病院が月曜~金曜にしかやっていないので何度も病院に行くのが労力に感じてしまう人もいます。

何度も病院に行くのが難しい人

●病院の性病検査は2~3時間待つことも多い

待ち時間が長く、数時間以上待つことも多い
病院で性病検査をする場合にストレスを感じてしまうのが待ち時間です。2~3時間待つことになる場合もあり、悩んでいる人が多いです。

検査自体はシンプルなものなので10分ぐらいで済みますが、当日に検査結果が分からない場合は結果を聞くためだけに再度、数時間以上待つ必要があります。

女性の場合は産婦人科で性病検査をすることになるので他の患者さんは妊婦さんが多く、一人一人の診察時間が長くなる傾向があります。

●病院で知り合いに会ってしまうのが不安

病院で検査をすると知り合いに会うリスクがある
病院でクラミジアや淋病の性病検査を受けたくない、躊躇してしまう理由の1つに知り合いに会ってしまう可能性があります。

性病検査の場合は男性なら泌尿器科、女性の場合は産婦人科で受けることになるので知り合いに見られると気まずく感じる人も多いです。

肌のかゆみや湿疹であれば皮膚科でも検査を受けることができますが、尿検査や膣分泌物など、陰部周辺となると皮膚科では検査できない場合もあります。

性病検査をしていることを知られたくない人

●性病検査で異性の医師に診察される抵抗感

異性の医師や看護師に抵抗感
性病検査をする時に悩んでしまう理由の1つが異性の医師や看護師に陰部を見られるのに恥ずかしさを感じることです。

診察の際には性行為に関していつ頃行ったか、人には言いづらいデリケートな質問をされるので恥ずかしいと感じてしまう人は多いです。

検査のため仕方のないことですが、口によるオーラルセックスの有無や知らない人の前で足を広げる必要があるので抵抗感を感じる人は少なくありません。

●保健所の性病検査は曜日や日にちが限定的

保健所の性病検査は曜日や日にちが限定的
保健所では無料で性病検査を受けることができますが、普段は学校に行っている学生や仕事をしている社会人からすると利用が難しいです。

利用することが難しい理由ですが、受けられる日にちや曜日がかなり限定的なので忙しい人には利用するハードルが高いです。

性病検査を実施している保健所を検索できるHIV検査・相談マップで調べてみると土日しかやっていなかったり、月に1回だけの保健所も多いです。HIV検査・相談マップ参考URL:性感染症の検査・相談窓口情報サイト

忙しく保健所に行くことができない人

●保健所では検査できる性病の種類が少ない

HIV検査がメイン
保健所を利用する際の注意点としてHIV検査がメインなのでクラミジアや淋病の性病検査はやっていない場合もあることです。

感染すると生命に関わってくるHIVと梅毒を同時に検査できる保健所は多いですが、クラミジアや淋病も一緒に検査してくれる保健所は少ないです。

HIV検査だけ受けられればいいという人であれば保健所の利用もおすすめですが、性感染症をまとめて検査したい人や時間に余裕が無い人には向いていません。

●保健所では喉の性病検査はまずやってない

喉の性病検査はまずやってない
クラミジアや淋病の性病検査をしたい人にとって致命的なのが、保健所では喉の性病検査はまずやっていないというデメリットがあります。

保健所の検査項目を調べるとクラミジアや淋病の検査項目はありますが、性器を対象としたものなので喉の性病検査を受けることができません

性器に感染していない場合でも喉に感染している場合があること、無症状の場合もあるので陰部と喉を両方検査することは重要です。

陰部と喉の検査を両方受けたい人

●審査が必要な衛生検査所と性病検査キット

衛生検査所は登録・認可が必要
クラミジアや淋病などの性感染症を調べる時におすすめなのが衛生検査所が販売している料金が安くて自宅でチェックできる性病検査キットです。

衛生検査所は都道府県や市、区が審査をし、登録・認可されたところでないと性病検査キットを取り扱うことができません。

都道府県や市、区の審査は書類だけでなく、きちんと衛生検査所として運営することができるか実地調査も行うため信頼感があります。

●国家資格を持つ臨床検査技師が検査をする

国家資格を持つ臨床検査技師
性病検査キットは血液や尿、膣分泌物などは自分で採取する必要がありますが、初めて利用する人でしっかり性病検査ができるか不安な人もいると思います。

性病検査キットの製造や販売をしている衛生検査所では検査をする際に国家資格を持つ臨床検査技師が行います。

衛生検査所で性病検査キットのチェックを行うのは誰でもできるわけではないこと、病院も検査を依頼する施設なので安心感があります。

審査が通った衛生検査所の性病検査

●臨床検査技師の資格は厚生労働省が管理

厚生労働省が管理する国家試験
厚生労働省は日本の健康や医療の分野でさまざまな活動をしている行政機関です。その中の1つで臨床検査技師の資格は厚生労働省が管理しています。

試験はいつでも受けられるものではなく、受験日も決められているため、1年に1回しか受験することができません。

最近では1年間で約5,000人近い人が臨床検査技師になるための試験を受けていますが、5人に1人は不合格になってしまう難易度のある資格です。

●臨床検査技師は受験資格を得る必要がある

臨床検査技師は受験資格が必要
衛生検査所で性病検査をしている臨床検査技師になるためには受験資格が必要です。受験資格が無いと試験を受けることもできません。

大学や臨床検査技師養成所など、検査に必要な知識や技能を修得している必要があるため、受験資格を得るだけでも数年間は掛かります。

それだけの月日を掛けて勉強した上で厚生労働省が管理・運営している国家試験に合格した人が性病検査をしているので信頼感があります。

臨床検査技師がチェックする性病検査

●臨床検査技師は性病検査のエキスパート

臨床検査技師は検査のエキスパート
臨床検査技師は郵送されてきた尿や膣分泌物、血液や粘膜をチェックして性病に感染していないかチェックする性病検査のエキスパートです。

性病検査キットを利用する時は検査をしたい部位や性別によって必要な物が変わってきます。男女共通のものとしては血液や喉の粘膜などです。

陰部のクラミジアや淋病の感染を調べる場合は男性は尿、女性の場合は膣分泌物が必要になります。

●衛生検査所の性病検査キットは料金が安い

性病検査キットは料金が安い
性病検査キットのメリットの1つが料金の安さです。病院の場合、1項目あたり保険適用あり3,000円前後、保険適用なしで6,000円~9,000円前後は掛かります。

性病検査キットは1項目あたり3,000円前後ですが、クラミジアや淋病など、まとめて検査するほど料金が安くなり1項目2,000円以下で検査することも可能です。

利用する衛生検査所によっては1項目あたり1,500円近くまで費用が安くなることもあるので性病検査の料金を抑えたい人におすすめです。

料金の安い性病検査キットを比較

●性病検査キットは履歴が残らないので安心

性病検査キットは履歴が残らない
一緒に住んでいる家族や夫婦がいる場合、性病検査を受けたことを知られたくない、バレずに調べたいと考える人は多いです。

性病検査キットは保険を使用しないので医療費のお知らせが来ないこと、郵送された時も一目で性病検査キットとは分からないようになっています。

普段からamazonや楽天で商品を購入している人であれば、利用してもまず気付かれないですし、自宅以外でも受け取ることができるので安心です。

●性病検査キットは短時間ですぐに終わる

性病検査キットは10分ほどで簡単
性病検査キットは病院へ行く必要がないので交通費も掛からず、待合室で何時間も待つ必要もないメリットがあります。

陰部と喉、どちらの部位でも性病検査キットの使い方は簡単で初めて利用する人でも10分ほどで終わるので楽ちんです。

仕事で病院へ行く時間を作ることが難しい人、近くに性病検査をできる病院がない人も自宅で検査をして郵送するだけなので簡単です。

短時間ですぐに終わる性病検査キット

ふじメディカル


ふじメディカルは神奈川県の横浜市にある衛生検査所です。1999年設立で20年近い運営期間の実績があります。

自社ラボで専門の検査員がチェックを行っているため、結果が出るまでが速く、信頼性のある検査が受けられます。

検査費用が安く、複数の性病検査をすると金額を大分抑えられます。9項目セットは1項目あたりの料金が約1,333円と安いです。

  • ●1999年設立で20年近い運営期間がある
  • ●神奈川県の横浜市にある衛生検査所
  • ●自社ラボで専門検査員が検査を行う
  • ●検査費用が安いので金額を抑えられる
  • ●複数の性病検査をすると料金が安い
  • ●9項目セットは1項目が約1,333円ほど
  • ●1項目だけの性病検査も3,300円と安い

公式サイトを見てみる↓
ふじメディカル

GME医学検査研究所


GME医学検査研究所は群馬県の高崎市にある衛生検査所です。提携している医療機関が400以上あるので初めて利用する人にも安心感があります。

全国に送料や代引き手数料が無料で注文できて月曜日~日曜日まで曜日に関係なく、17時までの注文は即日発送なので配送が早いです。

365日いつでも電話サポートがあるので疑問や悩みもすぐに解消できること、1項目が約1,518円で利用できるカップル用の検査キットもあります。

  • ●群馬県の高崎市にある衛生検査所
  • ●提携している医療機関が400以上
  • ●送料や代引き手数料が無料で注文
  • ●17時までの注文は即日発送で早い
  • ●365日いつでも電話サポートがある
  • ●カップル検査用の安い検査キット
  • ●1項目が約1,518円のカップル検査

公式サイトを見てみる↓
【GME医学検査研究所】

性病検査STDチェッカー


性病検査STDチェッカーは神奈川県の川崎市にある衛生検査所です。2003年に設立され15年以上の運営期間があります。

利用者が多くWEBサイトで10,000人以上の口コミを掲載しています。検査キットの種類が多く、自分に合った物を選びやすいのも特徴です。

陰部と喉をまとめて検査できるキットが多いこと、医療機関への個別連携サービスがあり、陽性だった時も専門のスタッフがサポートしてくれます。

  • ●神奈川県の川崎市にある衛生検査所
  • ●2003年に設立で15年以上の運営期間
  • ●利用者10,000人以上の口コミを掲載
  • ●検査キットの種類が多く、選びやすい
  • ●陰部と喉をまとめて検査できるキット
  • ●医療機関への個別連携サービスがある
  • ●陽性の時も専門のスタッフがサポート

公式サイトを見てみる↓
性病検査 STDチェッカー

カテゴリー
 
費用を抑える性病検査方法